小数 たし算とひき算の解き方解説です

ポイントは、小数点をそろえて計算しよう!

 

例)0.3+0.4の場合

          0.3
   +0.4   0.3と0.4の小数点を合わせて筆算で計算する
    0.7   

例)0.7−0.5の場合

   0.7
     0.5   0.7と0.5の小数点を合わせて筆算でけいさんする
   0.2

例)11.23+0.4の場合

   11.23
+ 0.4   小数点を合わせて筆算でけいさんするだけ!
 11.63

例)21.68+1.43の場合

   21.68  繰り上がりがある計算も同じで、
+ 1.43  小数点を合わせて筆算でけいさんするだけ!
 33.11

算数 3年生 選択項目に戻る
↓下をクリック

算数 3年生 選択項目    

スポンサーリンク

計算プリント.comの問題はすべて無料です

■プリントなどについて
計算プリント.comで配布しているプリントや計算プリント関連問題は、個人だけでなく施設等での配布に関しても無料でご利用いただけます。

学校や塾等での配布などに関して、特にご連絡していただく必要などもありません。

■著作権について
当サイトのすべてのコンテンツ(プリント、その他テキスト等)の著作権は当サイト管理者にあります。
他サイトでの再配布や譲渡、複製等は一切禁止とさせていただきます。

シェアする